2をよく見かける人は?

トップページ > エンジェルナンバーの2222 > 2をよく見かける人は?

2をよく見かける人はどんな人?

二元論や二面性など、異なるもの、並び立つ物を表すときに『2』という数字がよく使われますが、この数字をよく見かける人はどんな人に多いのでしょうか?

2を見かける機会が多いのは管理職、弁護士など、集団をまとめたり、常に選択を迫られていたりする職業の人です。異なる意見の間で板挟みになり、集団の利益と自分の理想のどちらを優先するかという問題に頭を悩ませていると、2という数字が現れます。

どちらが優れた選択なのかを判断することは難しいですが、二元論の考え方ではどちらか一方がもう片方に劣るということはありません。それぞれにメリットがあり、そのどちらも正しいのです。だからこそ思い悩み、選択を難しくさせています。ここで考えるべきは『あなたがなぜその選択をしたか』

あなたは何かを決める時、周りの意見に流されていませんか?みんなが納得するからとか、こっちがいいとアドバイスされたからといった理由で道を選んでしまうと、思わぬトラブルに見舞われてしまうかもしれません。

あなたの人生の責任は全てあなた自身に返ってきます。判断を人に委ねるということは生きることを放棄するということと同じです。どんな道を選ぶにしろ、自分が納得できる道を選ばなければいつか必ず後悔し、逃げ出したくなる時がくるでしょう。みんなが納得する道を選ぶことも大切ですが、時には自分の意見で周囲を納得させることも必要なのではないでしょうか?